治療案内

一般歯科

むし歯治療

むし歯は、ミュータンス菌が糖を代謝して酸を出し、歯のエナメル質や象牙質を溶かす病気です。初期のむし歯は、フッ素塗布や丁寧なブラッシングで改善する可能性があります。しかし、エナメル質や象牙質が大きく溶かされた場合は、むし歯の部分を削ってつめ物やかぶせ物をする必要があります。天然の歯は、一度削ると二度と元には戻らないため、できるだけ早く治療を受けていただくことが大切です。

当院では、丁寧な麻酔処置やコミュニケーションで、痛みの少ない治療を心がけております。むし歯治療の痛みを懸念されている方もお気軽にご相談ください。

歯周病治療

歯周病とは、歯垢や歯石に含まれる歯周病菌が毒素を出し、歯茎や歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を溶かす病気です。歯周病は自覚症状に乏しいため、気づいたときには大きく進行しているケースが少なくありません。最初は歯茎の赤みや腫れ、ブラッシング時の出血などの症状が現れます。進行すると、歯茎が下がったり歯槽骨が溶かされたりして、歯を支えられなくなって抜けてしまいます。

歯周病が進行する前に、歯科医院で歯垢や歯石の除去や、歯周組織の炎症を抑える処置を受けていただくことが大切です。

入れ歯治療

入れ歯治療とは、床(しょう)と呼ばれる人工の歯茎に人工の歯が並んでいる「入れ歯」を装着し、歯の見た目や機能の回復を図る治療です。入れ歯がお口に合っていない場合、装着時の違和感が大きかったり、食事や会話のときに外れたりする恐れがあります。当院では、患者様のお口に適した「よく噛める入れ歯」の作製を得意としております。

根管治療

根管治療とは、むし歯や事故などで歯の神経(歯髄)に炎症や感染が起きたときに行う治療です。根管の中を通る歯の神経を取り除いた後、根管内を徹底的に清掃・除菌して薬を詰め、かぶせ物で歯質を補います。根管は複雑に分岐しており、肉眼では細かいところまで確認できないため、歯科医師の技量や経験が求められる治療です。当院では、丁寧な検査を行った上で、精密治療を心がけております。

予防治療

歯科医院に対して、「歯が痛くなったら行くところ」と考えている方は少なくありません。しかし、むし歯や歯周病を繰り返すと、いずれ歯を失う恐れがあります。そのため、むし歯や歯周病を未然に防ぐために、予防を意識することが大切です。

当院では定期検診をはじめ、歯垢や歯石を取り除くための歯のクリーニング、正しい歯磨きの方法をアドバイスするブラッシング指導など、さまざまな予防治療をご用意しております。生涯にわたり、ご自身の歯の健康を守りたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。

口腔外科

口腔外科とは、お口の中や周辺の筋肉などに起きたトラブルに対応する診療科です。当院では、親知らずや顎関節症、腫瘍(のう胞を含む)、口内炎、外傷など、幅広い症状に対応しております。また、日本口腔外科学会の専門医が在籍しているため、専門性の高い治療を行えます。
口腔外科の専門的知識や経験を活かして、痛みや腫れに配慮をした治療を得意としておりますので、親知らずや顎の痛みなど口腔外科に関する治療は当院にお任せください。

親知らずは、まっすぐに生えていて清潔な状態を保てているのであれば、抜歯する必要はありません。しかし、横向きや斜めに生えていたり、一部が歯茎に埋まっていたりすると、歯茎の炎症や歯並びの乱れなどのトラブルを引き起こす恐れがあるため、抜歯した方がよいでしょう。当院では、歯科用CTで親知らずの近くを通る血管や神経の位置を確認し、抜歯の安全性を高めております。

顎関節症とは、「口を大きく開けられない」、「口を開閉したときに雑音がする」、「顎の付け根が痛い」といった症状が現れる病気です。顎関節への負担を和らげるためのマウスピースをお作りし、顎関節症の症状を改善します。

当院では、ご自身のペースで歯を白くできるホームホワイトニングや、自然な見た目の補綴物(つめ物やかぶせ物)のオールセラミック、ジルコニア、メタルボンド、ハイブリッドセラミックなど、さまざまな審美治療をご用意しております。「歯の色や形が気になる」、「補綴(ほてつ)物が変色して口を開けたときに目立つ」など、口元の見た目が気になる方にお勧めの治療です。

また、装着感に優れたコンフォート入れ歯、装着時の違和感が少ない金属床義歯、金具が目立ちにくいノンクラスプデンチャーなど、自費診療の入れ歯も取り扱っておりますので、入れ歯の見た目や機能性にお悩みの方もお気軽にご相談ください。

お問い合わせはお気軽に
口腔外科の専門医による治療!
むし歯や親知らずなど、痛みの少ない歯の治療なら
大通りルル歯科・口腔外科クリニックにご相談ください。9:00~13:00 / 14:30〜19:00(土曜日は17:00まで)
休診日:日曜日・祝日