親知らず

親知らずとは

親知らずは、上下左右の最も奥に生える永久歯です。永久歯は15歳前後で生え揃いますが、親知らずは20歳前後で生えてくるため、親に知られずに生えることが名前の由来だといわれています。

親知らずと聞くと、抜歯というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、生え方次第では歯を抜かなくても問題ありません。抜歯には、痛みや腫れなどのリスクを伴うため、むやみに抜くべきではないでしょう。

当院では、親知らずの状態を詳しく調べ、抜歯した方がよいかどうか判断しております。抜歯が必要な場合は、リスクや治療についてなどを詳しくご説明いたしますので、不明点があればお気軽にご質問ください。

抜歯をしなくてもいい親知らず

親知らずが上下ともにまっすぐ生えていて、正しく噛み合っている場合は、抜歯する必要はありません。上下どちらか1本でも不正な方向に生えている場合は、うまく噛み合わなくなるため、抜歯した方がよいでしょう。また、親知らずが顎の骨に完全に埋まっていて、痛みや腫れなどがない場合も抜歯する必要はありません。

親知らずは、歯を失ったところに移植したり、ブリッジの土台に使用したりできるため、症状によっては残しておくことも可能です。

抜歯が必要な親知らず

親知らずは最も奥に生えているため、丁寧に歯を磨いていてもむし歯になる可能性が高いです。むし歯になった場合は、抜歯してしまうことがほとんどです。また、横向きに生えた親知らずが、他の歯を押して前歯などの歯並びを乱している場合も抜歯した方がよいでしょう。さらに、歯茎から一部だけ出ていて炎症を引き起こしている場合も抜歯を選択することが一般的です。

親知らずの治療における当院の特徴3つ

口腔外科の専門医による治療

親知らずは、血管や神経が近くにある治療となるため、慎重に抜歯しなければ麻痺やしびれなどのトラブルが起こる恐れがあります。当院では、日本口腔外科学会の専門医が十分な検査を行ったうえで、スピーディーかつ的確に治療を行います。

痛みの少ない治療

親知らずの抜歯には痛みを伴うため、局所麻酔をしてから治療を行います。当院では麻酔注射の痛みを軽減するために、表面麻酔を施したうえで麻酔を施し、麻酔液を注入するときも歯茎への圧をできるだけ抑えるなど、さまざまな方法で痛みを軽減できるように配慮しながら治療を行っています。

腫れを抑えた治療

親知らずの抜歯後は、歯茎や顔が腫れることがほとんどです。当院では、親知らずの抜歯を手際よく的確に行うことで、腫れを最小限に抑えております。抜歯後の腫れを懸念している方も、お気軽にご相談ください。

親知らずを抜歯することによるメリット

親知らずを抜歯すると、むし歯や歯周病が周りの歯に影響を及ぼす事態を防げます。また、歯垢や歯石が溜まることで、口臭が強くなる心配もなくなります。不正に生えた親知らずは、周りの歯にも悪影響を及ぼすため、早めに抜歯することをご検討ください。

親知らずの治療の流れ

  • カウンセリング

    親知らずの治療では、最初にカウンセリングでお悩みをお伺いし、お口の中を確認いたします。

  • 検査

    レントゲン検査で親知らずと血管や神経の位置関係を詳しく調べ、抜歯の準備を整えます。

  • 治療開始

    症状によっては抜歯をするための歯茎の切開を行います。親知らずが大きい場合には、周りの骨を削って取り除いてから親知らずを細かく分割して抜歯し、歯茎を縫合します。

  • 抜糸・経過観察

    抜歯した日から1週間後にお越しいただき、縫合に使用した糸を取り除きます。

お問い合わせはお気軽に
口腔外科の専門医による治療!
むし歯や親知らずなど、痛みの少ない歯の治療なら
大通りルル歯科・口腔外科クリニックにご相談ください。9:00~13:00 / 14:30〜19:00(土曜日は17:00まで)
休診日:日曜日・祝日